アンテナ線や光ケーブルはどこから入れる?引き込み口のおさらい

住宅を建てると、電気線やテレビアンテナ、インターネット用のケーブルなどを家に引き込む必要があります。

昔はさておき、今の住宅には引き込みをするところがちゃんと設けられていて、そこからケーブル類を入れるようになっています。

つまり、最初からケーブルを通す通路が作ってあるので、壁に穴を開けてケーブルを通す必要がないのですね。

自分も最近の家のことはわからなかったので、備忘録的に書いておきたいと思います。

住宅のケーブル引き込みについて

住宅にケーブルを新たに引き込む場合、家の状態によって方法が幾つかあります。

  • 配管を通す
  • エアコン穴から通す
  • 通気穴から通す
  • 壁に穴を開ける

という感じでしょうか。

配管を通す

建築時に配管を通しておいて、その配管を使って引き込む方法です。

アイダ設計で建てた注文住宅はこの方式になっていました。もともと光ケーブルを入れると伝えてあったからかどうかはわかりませんが、配管が先にあったのでかなりスピーディに工事は終わりました。

配管の引き込み口が3つあります。左が電気、真ん中がテレビアンテナケーブル(未使用)、右が光ケーブルです。光ケーブルを設置するときにブラケットを壁に付けて支えています。

我が家では玄関に光ケーブルを通すことを前もって説明していたので、この配管から入ったケーブルは屋根裏を通り玄関へ通っています。

ケーブル工事のとき、玄関のマルチパネルを交換し、電気コンセントと電話と同じパネルに光コンセントが付くことになりました。

工事もすぐに終わるので、最初から引き込み口を作る方式が1番安全です。

エアコン穴から通す

賃貸住宅などでありがちなパターンです。壁に穴を開けられない場合、エアコンのパイプを通す穴にそってケーブルを通します。

好きな場所に入れられないので、ルーターなどを置く場所がかなり制限されます。

通気穴から通す

通気穴がある家ではそこを通す場合もあります。これもエアコンの穴と同じく、どこの穴に通すかでルーターなどを置く場所が決まります。

壁や屋根下に穴を開ける

一軒家持ち家の方は穴を開けるという手段もあります。

好きなところに開けられますが、シールや養生、ケーブルの保護をちゃんとやらないといけません。

見かけもあまり良くないので最終手段でもあります。

まとめ

アイダ設計では電話線の配管は特に指定もなく作ってくれていました。

光ケーブルを通すのも設計段階で言っていたので、その分の配管も準備されていた感じはあります。

ですので、注文住宅を建てる際には、有線放送のケーブルやテレビアンテナケーブル、光ケーブルを通す可能性を考えて、あらかじめルーターを置くような場所に配線を通すことを伝えて置くことをおすすめします。

さらにテレビアンテナや家庭内で有線LANを引く場合、さらに配管を設計しておくと良いですね。

配管をあとで施工するのは大変ですので、事前に配管を通してもらっておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました